スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダイビングライセンスとってきましたw
ただいまです。
帰国して数時間後には、京都まで友人の結婚式にいかねばならず、
みっともなく日焼けしたツラをさらしてきました。
高殿です。

突然ですが、念願のモルディブに行ってきました。

かっぱの休暇が今しかとれないのと、
一週間ほどキーボードから離れないと腕が疲労でマヒしていたのと、
ちょっといろいろつまり気味で、頭の中をリフレッシュしたかったので、天国に一番近い島にしました。
そのまま天国に行ってしまわないでよかったです。
脳みそは、まだだいぶモルディブ気分ですが…

ML_TS330091.jpg


わたしたちが泊ったのは、マーレ空港からボートで20分ぐらいのところにある、タージ・エキゾティカ・リゾート&スパです。
モルディブは、一つの小さい島に、一軒のホテルしかないところがほとんどです。
この島もちっちゃい島で(5分ほどで端までいけてしまう)
島全部がプライベートビーチ。
水上コテージと、数室のビーチヴィラ(スイート)(しかも二階建てで門構え付きプール付き!)

遠浅のラグーンが水上コテージをかこんでいて、目にも鮮やかです。
ダイビングをするには、目の前のエンプドゥ・ヴィレッジのハウスリーフ(島をとりかこんでいる珊瑚礁)がとても素敵なので、ボートで出かけます。
近くに、ダイビングスポットとして有名なヴァドゥがあるので、ダイビングしたいひとにもオススメ。ただ、スノーケル派にはむかないかも(遠浅だから)

ML_TS330099.jpg


どれくらい遠浅かって、こんくらい。
手前に黒く見えるのは、なんと波打ち際にずっとたむろっている鰯の群れ。
青サギが狙っています。
毎朝、わたしたちが朝食をとりにくると、きまって同じじかんに現れるトリ…


お安めなバンドス・リゾートで、1ダイブたしか40ドル前後だったので、ボートを出してもらわなければならないタージエキゾティカの、1ダイブ機材こみ70ドルは、ちょっとお高いかもしれません。
でも、ここのダイビングセンター(ドルフィンベース)の日本人インストラクターのMIKIさんが、

めさ美人!(重要)

しかもノリがいい!

教え上手!

なので、美人に教えてもらう代だと思えば、そんなに高くないかもーです。

オープンウオーターのライセンスは、みっちし5過程あるので、6日間の滞在の人には、それこそモルディブにはライセンスとりにいくだけになっちゃうので、水深12メートルまでバディと上級者と潜れる、スクーバダイバーのライセンス(Cカードですね)がオススメ。
これは、2日でとれます。
費用は、だいたい350ドル~400ドルくらいかな。
12メートル潜れたら、十分ダイビングを満喫できると思うので、体験ダイビングをするより、こっちをオススメします。
体験ダイビングは、たしか限定水域ダイブのみだったと思うので、綺麗なところは見られないかと思うのです。


日本から(関西)モルディブへ行くには、直行便がないため、シンガポールで乗り換えしなければいけません。
しかし、チャンギ空港はわたしが使ったことのあるどの空港よりも施設がすばらしかったので、オススメですー。
なにより、シャワーが使えるんですよ!(有料だけど、たまにタダ券ついてくる)
行き(月曜の午前便)だと、だいたい三時間弱待ちなので、買い物見て、シャワーあびてぼーっとしてたらあっというまです。

そして、帰りはほとんど待ち時間がありません(すばらしい!)
朝の7時すぎにマーレからシンガポールに着いて、8時半にはフライトです。
すばらしいー。
土産もの買ったら、コーヒーを呑む時間すらないー。

噂通り、シンガポール航空は、フライトアテンダントは美人だわ、食事はうまいわ、ゲームできるわでとてもよかったです。
必死になってスーパーマリオを攻略していた自分がいましたよ。(どうしても8-2で死んでしまう…ヘタなわたし)


ちょっとぜいたくですが、
朝、水がきれいなうちに潜って、
昼はぼーっとお昼寝して、
夕方から、スパ。
これの繰り返しで4日くらいすると、男女ともに生き返れるんじゃないかなー

ML_TS330092.jpg


まるで、秘密の隠れ家にいるみたいな島内。


そうそう、わたしが滞在中に、どっかの芸能人姉妹が来てたですよ!
しかも一番高いビーチヴィラのスペシャルスイート。
なので、某姉妹も来るくらいなので、ここのスパ(インドのタージグループが作っているJIVAブランド)はかなりいいんじゃないでしょうか。
実際、わたしも2回ほどしましたが、よかったです。
ボディマッサージでごりごりやってもらったのに、なぜかお肌がつるつるに…。あのオイル売ってくれないかな…


もし、モルディブはじめて!と言う方に、参考までにポイントを。

・どこの島にするか悩むと思いますが、はじめはマーレの空港からボートで30分以内の島にするとよい。
(安いから)
(着くのが超真夜中なので、早く寝たい)

・スパがあるかどうか
(安いのでぜったいやってみてください)

・島の周囲はどうなっているか。スノーケルにはむいているか、ダイビングポイントは?
(遠浅だと、スノーケルに向きません。ボートを出してもらうのに20ドル弱かかるので、ハウスリーフ(島の周囲が珊瑚礁)があるとおすすめ)

・食事はどうか
(基本的に、日本人の口に合わない(というか、日本食が恋しくなる)と思います。モルディブ中でいちばんおいしいと評判の、日本人シェフのいるタージエキゾティカに行ったわたしたちですら、そうめんが食べたくてしかたありませんでした…。なので、三食食事付きにするより、朝食だけにして、日本からそうめんつゆとそうめん持っていったほうがいいと思う)

・あとは、リゾートの室内をチェック。
(リゾートなので、お金がかかるのは、おおかた食事代です。なので、わたし的には部屋代をケチるより、いいリゾートにして、食事を日本からもっていったほうがいいと思うんですよね。まあ、あんまり自炊するとひんしゅくなので、そこらへんは常識の範囲内で)


ちなみに、タージエキゾティカは、日本人スタッフ(女性二名)が常駐していて、お部屋は最安の水上ヴィラでも文句なし。
ごはんも、オールアラカルトメニューで豪華。
ダイビングセンターの日本人インストラクターはノリのいい美人で、いうことないです。
難を言うなら、食事代が一人につき最低20ドルかかるのと(2300円くらい?)、スノーケルができないので、ボートを出してもらうしかなく、その場合一人40ドルかかるということでしょうか。

近いうちに、もう一つ上級の救助ライセンスをとったら、夫婦でダイビングサファリに行きたいなーと思っているわたくしでした。

さあ、仕事せにゃ
スポンサーサイト
  1. 2006/05/22(月) 14:25:20|
  2. 日々のよしなしごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7




| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。